www.syrgccp.net

商店でみなのクレジットカードが決済可能なわけではありません。▽カードの契約店はおおむね、二つ以上のカードと契約しているわけですが、不便ですが全部の契約店で全部のクレカが決済できるのではありません。一例をあげれば昔からある商店のときにはJCBマークの入ったカードしか決済不可な場合もありますし今日の商店なんかではビザとかマスターといったロゴのものだけしか決済できない場面もあります。ダイナースクラブカードみたいなカードだったら、もっと使用不可な場所が増えるのではないでしょうか。どの印の所有クレカが決済可能かというのをいかなる方法で判断したらいいんだろう?「だったらどうやってどのロゴのクレジットカードが使えるか判断したらいいものか?」というと確実に確かめるんだとすると店舗の方に問い合わせてみるほかないというのが残念ながら正しい答えです。ただし大体のショップや料亭には店舗のドアの部分に使用可能なクレジットカードの印が入っている認証ステッカーが貼られているので、「そうかそのレストランではJCBが使えるのか」ということがわかるようにされているし留意しておいてもらえると思います。反対に、正しく加入管理が出来ていない店舗の場合にはロゴが貼り付けられている場合でも「ここではご使用のクレカは決済いただけません」という回答を受けてしまうなんてこともあるのでメンツをつぶされてしまう場合だってあるでしょう。できる限りは全部の加入店舗でクレカが決済できるようにするためにもう一つのマーク(インターナショナルな会社)がプリントされた一般的なVASA、マスターカードダイナースカード、アメックス、ライフカード、などのクレカを2枚以上は契約するようにしたほうがいいでしょう(例として:UCカードを使っているならその次はアメリカンエキスプレスカード契約のクレカを契約するとする等)。とりわけ国内においてはVISA、MasterCard、JCBの3つの契約が入ったクレジットカードをいつも持っておけばほぼすべての契約店舗で3枚のうちどれかのクレジットカードを渡すことが可能です。クレジットカードを契約して効率的にカードライフを続けていくには、しっかりとそれぞれのカードを財布に忍ばせておいて損はないでしょう。

コンテンツメニュー