2お店の控え使用明細

カードを店頭にて使う時、もれなく経験したことがおありではないかと察しますがレジの担当者が未熟なことでいったいどの紙をお客様の方に渡して良いのか迷うときがおありかと思います。仕事 辞めたい アフィリエイト

カードを決済すると、専用端末より複数の使用レシートというものが印刷されるためで、このレシートのどの1枚を利用者のもとへ渡して良いのかわかりにくいというケースがあるのです。

3枚1組の利用明細の意味●この複数枚の明細レシートの解説はどういうものなのかについてまとめると↓の内容になります。

1カード利用者へ保管してもらう利用明細。

2お店の控え使用明細。

3カード会社控え用の利用レシート(署名を行うレシート)。

通常であれば絶対利用者の方へ保管してもらう利用明細の方を渡されるのだが時には、店舗控え明細を客のもとへ渡してしまうというパターンや記名をした使用レシートを渡すなどという事故も見受けられるのです。

これはアルバイトの従業員などやさほどクレジットカードが利用されるケースの少ないショップの会計でクレジットカードを提示すると、こういった店員の迷いが垣間見ることが出来るようです(笑)。

仮に従業員が誤ったレシートを渡した場合は、怒らずに「これじゃありませんよ」などと教育してあげてください。

コンテンツメニュー

    Link